MENU

夜勤なし看護師の職場は

看護師の仕事に夜勤は付き物ですよね!特に総合病院など入院施設があれば夜勤は交代制、シフトで回ってきます。

 

では夜勤のない看護師の仕事とはどの様な職場なのか?

 

 

この様にクリニック系、開業医の看護師なら夜勤はほとんどありません。
逆に大病院、総合病院などの場合、入院施設がある為、夜勤は有ります、この場合、条件などで夜勤をしない事も出来ますがやはりほとんどの看護師さんが夜勤をしている中で夜勤をしない事は働きにくくなる事も少なくありません。

 

夜勤なしの看護師の仕事をお探しなら元から夜勤にない職場がおすすめです。
夜勤のある職場、夜勤をしている看護師さんの居る職場で夜勤を外していただく事も可能な場合は有りますが、働きにくくなる事も少なくありません。
出来るだけ、働きやすい職場を選ぶ事が重要になると思います。夜勤のない職場を選ぶ事が出来れば気を使う事なく夜勤なしで働けますからね!

 

経験やスキルなどにもよりますがクリニック、開業医、個人病院や訪問看護師、健診看護師などが働きやすい思います。

 

 

 

看護師で夜勤をなしにすると給料面で不安

看護師求人,夜勤なし,日勤のみ

看護師さんの給料で比率が多いのが夜勤勤務だと思います。特に総合病院などの場合、夜勤の給料で年収は大幅に変わりますよね!
今までシフト制で夜勤も働いていた看護師さんが夜勤を辞めた場合、給料は大幅に下がります。

 

同じ職場で夜勤だけ辞める事は難しいですが、もし何らかの理由で夜勤が出来なくなり日勤だけの仕事になった場合、給料面で不満が出る事も少なくありません。
それ程看護師さんの夜勤と日勤の給料形態は違いますね!稼ぎたい看護師さんの中には夜勤専従で働く看護師さんも居ますからね!

 

夜勤専従看護師さんは稼げますからね!職場にもよりますが夜勤の看護師さんの給料は高く設定されています。

 

この事からも日勤のみ、夜勤なしで働けば給料は大幅に減る事は想像が付きますね!

 

 

しかし、転職などで給料の減少を少なく出来る事も有ります。総合病院などでは夜勤は当たり前の様に付いて来ますが、入院患者などが居ないクリニックや開業医、中小病院、健診センターや美容外科などでは夜勤自体がないケースも多く、夜勤をしなくても給料面で不利になる事も有りません。

 

夜勤をしていた看護師さんが夜勤なし看護師への転職をした場合、給料を減らす事はしょうがないでしょうが、少しでも給料を保持する為にも夜勤なしでも給料面で不利にならない職場探しが重要です。

 

あなたのスキルや経験などで紹介出来る求人も違って来ると思いますが、下記看護師転職サイトの専任コンサルトさんに相談して見てください。

 

あなたの希望が叶い求人紹介がきっとあると思います。


夜勤なし、日勤のみ看護師求人の探し方

看護師求人,夜勤なし,日勤のみ

家庭があるため、夜勤はできない方。できれば日勤のみで働きたい方。近年、こういった条件で仕事を探している看護師は少なくありません。しかし、もともと夜勤や当直など、仕事が忙しい看護師、夜勤なしの日勤のみで働けるところはあるのでしょうか?

 

結論からいいますと、あります。一般的に夜勤ありや当直がある看護師は、その分諸手当がつくので給料は高くなります。しかし、夜勤なしの日勤のみでも、看護師という職種は給料が高水準。十分な給料を受け取ることができます。

 

では、夜勤なしで日勤のみの職場は、どんなところがあるのでしょうか?ひと口に日勤のみの看護師の求人といってもさまざまで、外来のみのクリニックや病院の日勤専従、美容外科、健診センター、訪問看護ステーション、開業医などが挙げられます。産業看護師も、夜勤なしの日勤のみで働けますね。それぞれメリットやデメリットは異なり、比較をしながら探すと自分にぴったりな職場を見つけることができるでしょう。

 

仕事を探すときのポイントは、『残業の有無』『給与』『仕事内容』『夜勤ありの部署へ異動になる可能性』など。インターネットや折り込みチラシ、ハローワーク、転職エージェントなどから探すことができます。やはり日勤を希望される看護師は、残業や夜勤ありの部署への異動を避けたい方が多いので、この2つは特に求人を探すときにチェックしておくと安心です。また、日勤のみの看護師の求人募集には、未経験者でも受け入れてくれるところもあります。近年は看護師の離職が増えていますから、思い切って新しい仕事に挑戦してみるのも悪くないでしょう。


夜勤なし看護師求人、日勤のみの看護師求人

ナースフル

 

夜勤なし、日勤のみの看護師求人紹介では実績も豊富で紹介出来る求人数も豊富な看護師求人サイトもナースフル
看護師求人サイトの中でも利用者の満足度、紹介求人数も業界トップクラスで当サイトでも評価、登録者の多くナースフルの非公開求人は観覧の価値がありますよ!

 

またリクルートグループが運営しているので求人以外の情報量も豊富です。登録していて損はないと思います。
夜勤なしの看護師求人探しに役立つ看護師求人サイトはナースフルは強いですよ!

 

 

 


MC─ナースネット

 

看護師求人サイトの中でも利用者満足度も高く、友人への紹介も多い人気のサービスがMCナースネット
夜勤なしの看護師求人も病院やクリニック、健診看護師など様々な職場の紹介が可能です。日勤のみで働ける看護師の職場でも給料面、報酬面でも納得が出来る求人探しが重要ですよね!

 

夜勤なしで無理なく働きながら報酬面も最小限の減少で働きたい看護師さんに日勤のみの看護師の仕事紹介が出来ます。
働き方も常勤、非常勤など選ぶ事が出来ますよ!
看護師求人サイト中でも紹介求人数も多く、夜勤なしの看護師求人紹介も豊富なMCナースネットあなたの希望の職場をお探しください。

 

 


 

マイナビ看護師

 

マイナビグループが運営する看護師専門求人紹介サイトのマイナビ看護師
ナースフルと人気を二分する看護師求人サイトで利用者の満足度、成功実績ともに高く夜勤なしの看護師求人をお探しならお役に立つと思います。

 

また看護師求人以外の情報も多く利用価値の高いサイトですよ!
日勤だけの看護師求人、夜勤が出来ない看護師さんに夜勤なしの看護師求人紹介が出来るマイナビ看護師をご利用下さい。

 

 

 


 

ナース人材バンク

 

看護師求人紹介実績では常に業界トップクラスの看護師転職支援サイトのナース人材バンク
クリニック系の看護師求人にも強く日勤のみ看護師求人、夜勤なし看護師求人紹介でもお役に立ちますよ!

 

夜勤なし看護師をお探しでクリニックへの転職をお考えなら科目も豊富なナース人材バンクで探す事をおすすめします。
年間10万人が利用するナース人材バンクはコンサルトさんの交渉力なども頼りになり、あなたの希望に近づけてくれると思います。

 

 


看護師転職サイトの利用方法

看護師求人,夜勤なし,日勤のみ

看護師の仕事を探すなら、看護師転職サイトがおすすめです。求人募集のサイトでも看護師の仕事を見つけることができますが、やはり専門分野ですので、専門のサイトで探すほうが希望の職場を見つけられます。看護師転職サイトなら、自分に適した条件で仕事を見つけられるので、比較的スムーズに仕事に就けますね。

 

ただ、ひと口に看護師転職サイトといってもさまざまです。いろんなサイトがありますので、安心して利用できるサイトを見つけたいところ。そこで見極めるポイントは、『論外のサイトは外す』『登録や紹介費用がかからない』『サイトが分かりやすく利用しやすい』です。やはり運営がきちんとできているサイトは、対応も丁寧ですから、安心して仕事を探すことができます。また、コンサルタントがついている、非公開求人を扱っている、条件にあった求人を探してくれるので、ひとつひとつ探す手間も省けます。複数社に登録しておくと、比較をしながら探せるのでより自分に合った仕事を見つけやすくなるでしょう。

 

良い条件のみでサイトを探しても、良いサイトは見つかりにくいので、論外のサイトを外していくことで良いサイトを見つけやすくなります。たとえば、サイトの作りが適当だったり、全国対応と謳っていながら求人数が極端に少なかったり、登録や紹介で費用がかかったり、対応に問題があるサイトですね。一番注意したいのは、『厚生労働省の許可番号がついていない転職サイト』です。どんなに条件が良くても、絶対に外してください。


ハローワークと看護師求人サイトのメリット、デメリット

看護師の求人を探すには、看護師専用の求人サイトを利用する、ハローワークを利用するなどの方法があります。看護師専門の求人サイトとハローワークでは、それぞれメリットとデメリットが異なります。

 

看護師専門の求人サイトは、いわゆる『看護師転職サイト』のことを指します。やはり、看護師の求人を専門に取り扱っているので、ハローワークよりも仕事を見つけやすいのが一番のメリットになります。また、転職サイトは登録者の情報を元に求人情報を集めていくので、自分で探さなくてもどんどん求人情報が入ってきます。忙しくてなかなかゆっくり仕事を探せないという方には最適です。しかし、看護師専門の求人サイトも、良いところばかりではありません。一番多いのが『しつこい勧誘』です。会社によって対応が異なるため、なかにはしつこく電話がかかってくる会社もあります。また、紹介手数料や担当のキャリアアドバイザーによってサービスが異なるのも、デメリットになるでしょう。

 

では、ハローワークではどうでしょうか?メリットは、採用のハードルが比較的低いこと。そして、地方求人に強く、書類選考がない企業もあるということです。また、ハローワークにしかない求人も多数あるので、安心感があるのが最大のメリットになりますね。面接まで担当者がきちんと責任を持ってくれるのも助かります。デメリットは、就業条件の記載が明確になっていないことと、求人先の内情まで教えてもらえないことです。そのため、いざ働くと条件に見合ってなかったというケースはよくあります。

 

それぞれのメリットとデメリットを知っていることで、仕事探しの役に立つでしょう。

 

※夜勤なし、夜勤ありの看護師のメリット、デメリットまとめ

看護師として働き始めてどれくらい経ちましたでしょうか?
新人看護師さんもベテラン看護師さんも、看護師としての働き方について一度は考えたことがあると思います。
その1つとして、日勤のみの働き方と夜勤ありの働き方。
あなたにとってどちらの働き方があっているでしょうか?

 

著者はどちらの働き方も経験しました。
どちらも経験した上で、それぞれのメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

 

日勤看護師のメリット

□ 体調面での健康的 肌や便秘、冷え性などのトラブル改善
□ 土日、金曜夜などに一般会社員とのデートがしやすい。
□ 業務内容が日勤帯で基本的に終了する業務が多いので残業率が少ない。
□ 子どもがいる母親看護師にとっては、夜子どもと過ごすことができる。

 

 

日勤看護師のデメリット

□ 夜勤手当がないため、夜勤ありの看護師と比較し、数万円の給料の差がある。
□ 係や委員会業務の作業をする時間が日勤帯で確保することが難しい。その際は、残業して作業することになる。
□ 業務内容が単調な看護業務、患者さんとの関わりが長期的ではない業務が多いため看護師としてのやりがいを感じにくい。

 

 

夜勤あり看護師のメリット

□ 日勤看護師と比較すると、給料が高い。
□ 患者さんの病態や病棟が落ち着いている夜勤帯であれば、委員会や係の椅子に座って作業する時間が確保できたり、仮眠・休息時間が確保することができる。

 

 

夜勤あり看護師のデメリット

□ どうしても人間的に合わないスタッフとの夜勤が憂鬱で仕方がなく、その際逃げ場がない。
□ 一般会社員とのデートの日程調整が難しい。
□ 夜勤前に仮眠できなくても、仕事に行くことがある。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

それぞれ共感していただけるような箇所がありましたでしょうか?

 

どちらの働き方もそれぞれのメリットとデメリットがあります。メリット、デメリットを知った上であなたはどちらの働き方を選択されますか?

 

自分に合う働き方を考えるきっかけになれば幸いです。

 

 

夜勤なし看護師、日勤のみ看護師の体験談

 

看護師になって20年になります。はじめは大きな病院に勤めていて、様々な科を経験しました。

 

自分が総合病院に働いていて楽しいと思ったのは、とにかく病院自体が一つの町のようでしたから、

 

ドンドン新しい設備が整い、働く環境も整備されていきますし、お給料が他の職業より良いのは当然だけれど、職員の食堂があることでした。時間帯が限られていないので何時言ってもチケット購入で買う安においしいものが食べられるのです。これは一流企業の食堂と同じようなものだと思います。

 

福利厚生がしっかりとしている点は大きな病院に努めているメリットだと思いました。

 

でも、大病院になればなるほど、日勤、夜勤そのほか色々とシフトがありますから、其処に自分の体をあわせなければならず、結構健康管理は大変です。

 

結婚してしまってからは、子供が出来るまでは何でもやりました。

 

でも子供が出来てからは、夜勤を外して貰っていましたが、それでも、たまにどうして餅疎き煮は交代を迫られ、断ることも出来ないということもありました。

 

なかなか、お互い様と言う状況下におかれると、簡単に規則だけでは片付かなくなります。

 

ですから、お給料がいいから我慢をするという選択をせずに、スッパリと辞職し、新たに開業医の下で働くことにしました。

 

此処は神経内科でしたから、汚い仕事もないし滅多に注射をしたりすることもなく、

 

殆ど血圧測定と体温測定、たまに血液検査があったり、そのほか、放射線関係は専門の技師がいましたから、自分として非常に楽でした。勿論日勤でした。ところがこのお医者様はお仕事に没頭しすぎるので、昼休みも取らないし、夜も患者さんを診るために、看護師さんたちは何時も帰宅が遅くなるのです。

 

パートで働きたくはなかったから、半年でこの神経内科は辞めました。

 

直ぐに次は整形外科がみつかりましたので、面接にいくと、おじいちゃん先生で患者さんもあまり多くはないので、バリバリ仕事をしたい看護師さんにとっては物足りないだろうけれど、自分の生活環境には最高でした。

 

ですから子育てしながら、8時半出勤、4時半終了です。


 

 

もともと、会社側からは夜勤もやってほしいと言われていたのですが、「家事ができなくなってしまうので」という理由でお断りしたところ、そのまま日勤で働くことになりました。

 

もうその病棟は辞めてしまったのですが、日勤のお仕事は実際には夜勤よりもずっと大変だったので、体力的にも大変でしたし、夜勤なしだからといってすごくラクかというと全くそんなことはなかったです。

 

その頃は実家住まいでしたし、日勤にせざるを得なかったので日勤を選びましたが、夜勤の方が正直お仕事が少なそうに見えてしまって、「いつか実家を出たら夜勤をやりたい」という気持ちも芽生えました。

 

ちなみに、その頃は社保完備の状態で月収だいたい24万円はもらっていましたし、残業も少なかったので大変ではありましたがいい働き方ができたと思います。

 

もちろん、配属の科によって様子も異なると思うのですが、精神科などで夜勤なしで働く場合は仕事量もほどほどですし、他の科とくらべると大分ラクです。

 

日勤を選ぶか夜勤を選ぶか、という所も確かに大事なのですが、仕事量や内容は科によって大分異なりますし、老人介護施設の場合は「急死したし深夜でみんな寝てるし、新人なのに看護師が自分しかいない」といった怖い状況になりがちなので、夜勤をやるにしても本当に考えてから選択するべきだと思います。

 

また、家庭がある場合はやはり、夜勤がないほうが働きやすいです。

 

夜勤か日勤かということで悩んでいる場合は、家の人のことも考えつつ選ぶのが良いのだと思います。


 

 

パートで看護師の仕事をしたいと思い、夜勤や日曜日のない開業医の勤務をすることにしました。美容専門の皮膚科で、脱毛の仕事をすることに。午前中の勤務を希望したのですが、勤務している人がいっぱいで無理とのことだったので、午後の勤務を希望しました。午後の勤務は16時30分〜20時まで。日中はのんびりできていいのですが、夜勤務が終わってから家に帰ると21時近くになってしまいます。子供がいる看護師には厳しい勤務時間だと思いました。半年程すると空きがでて、午前中の勤務に移ることが出来ました。午前中の勤務の方が圧倒的に楽です。午後からフリーだと思うと、快適に過ごせます。どこの開業医でも午前中勤務が人気だということがよく分かりました。脱毛の仕事は、医療用レーザーの照射、採血、薬の塗布があるくらいで、慣れれば負担なく働くことができました。看護師は数名で、エステシャンの方達の方が多かったこともあり、他の病院に比べて雰囲気も明るく楽しい職場でした。完全予約制だったので、残業もほとんどありませんでした。脱毛サロンによくあるノルマもなかったので、気負いなく患者さんと接することもできました。他の病院では患者さんと長く会話する機会はあまりありませんが、脱毛をすると部位によっては一人2時間かかることもあります。患者さんと長く一緒に過ごすことになるので、話をするのが苦手な人には辛い職場かもしれません。でも気の合う患者さんに当たると、仕事中でも楽しい時間を過ごすことが出来ますよ。給料は、開業医のパートにしてはいいと思いますが、夜勤手当とは段違いです。でも午前中の勤務だと、規則正しい生活を送ることが出来るので、体的に本当に楽です。夜勤をしなくなってから、ニキビもできなくなりました。夜勤は看護師の人数が少なく、負担も大きいので、一度現場を離れると戻る気にはなれません。よほどお金に困らないかぎり、夜勤をすることはもうないと思います。


 

※夜勤のある病院での日勤業務ばがりの仕事は肩身が狭い

子供が小さなころ、病棟勤務で日勤業務をしてました。初めは優しいい看護師さん達も、日勤業務しかしない私に風当たりが強くなりました。看護に復活したばかりで緊張もしていたし、夜勤経験者の私には夜勤業務を理解できましたが、臨時のパートで雇われていたので、中途半端な状態でした。日勤ばかりなので、病院の良いように病棟を回らされました。2年10か月その病院で勤務しましたが、後半の夜勤をするまで何枚辞令をもらったかわかりません。そのたびにストレスでした。

 

夜勤をすると決めてからは、異動も少なくなり、風当たりもましにはなってきました。

 

日勤ばかりだと、同じ病棟で夜勤している看護師さんにしかわからない仕事や患者様の状態があります。

 

看護学校でも習ったし、前病院では夜勤をしておりましたので、昼の患者様と夜の患者様は全然違うことを知っています。勿論休まれる患者様もいらっしゃいますが、何か急変や異常行動が起こるのはたいてい夜なのです。

 

患者様のご家族との関係なども夜に見えてくることもあります。日勤ばかりだと、患者様の全体像が見えてこないのが現実です。申し送りで話を聞くのと、実際夜勤で患者様に対応するのとでは自分の認識が違ってきます。

 

でも、日勤ばかりをしていて見えてくることも沢山あります。それは患者様の褥瘡や、昼間の処置内容です。珍しい検査や処置を見学できますし、処置で学べる事も沢山ありました。

 

日勤ばかりなので、毎日の変化がよくわかります。夜勤をしていると、長時間病院に入らない時間があるので、夜勤に来たら患者様の状態が、大きく違うこともよくあります。

 

後日勤の良いところは、規則正しい生活が出来るということです。夜勤をしていると、給料は増えますが、規則正しい生活は手に入りません。

 

母子家庭だったのですが、他にも母子家庭で夜勤している人はいてると指導され、夜勤することで、肩身の狭い思いをしなくても良いのかと思い、息子は両親の世話になり、夜勤を始めました。

 

※子持ち主婦がクリニックで看護師として働く体験談

私は35歳の子持ち主婦です。子供は4歳で保育園に通っています。妊娠する前は大学病院の循環器病棟で働いていました。妊娠をきっかけに一度退職して、また落ち着いたら看護師として働こうと考えていました。そして子供が3歳6ヶ月になったころから、小児科の開業医クリニックで看護師として働きだしました。以前働いていた職場にも戻ることはできたのですが、子供がいて、さすがに夜勤はできないので、開業医クリニックに絞って再就職を進めていました。

 

現在の職場を選んだ理由としては、通わせる予定の保育園が近かった点と、事前に小さい子供がいると話した時にある程度であれば考慮していただけると言ってもらえたからです。なお主人は会社員で、激務で平日は終電帰り、土日もあって無いようなものといった感じです。そのため何か子供に合った時には、主人に頼ることはできません。
また主人も私も実家が遠方の為、近くに頼れる親族は誰も居ない状況です。そんな環境のため、再就職は厳しいと思っていました。しかし私の住んでいる地域では、それ以上に看護師が不足している状況でした。3つ目のクリニックで採用が決まりました。他2つのクリニックは、やはり子供が小さい点がネックになり、不採用となりました。

 

現在勤めだして1年ほど経ちます。有難いことに子供も体が丈夫で、いままで一度も欠席や早退がありません。また曜日固定のシフト制ですが、子供の行事などがあるときは、事前に相談をすれば、対応をしてもらえるので、とても助かっています。とはいえ、小児科ですので、仕事内容は激務です。もちろんすべての診察が終わるまでは帰れませんので、感染症が流行っている時期などは、残業1時間、2時間は当たり前といったところです。看護師の同僚は他に5名いますが、みなさん子育てを経験している方ということもあり、とても良い雰囲気です。院長も温厚で、看護師と院長との関係も良好です。家庭優先ではありますが、今後も仕事を両立して働いていけたらと思っています。

 

夜勤なし看護師 対象地域

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/静岡県/山梨県/新潟県/富山県/石川県/福井県/長野県/岐阜県/愛知県/三重県/奈良県/和歌山県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/

更新履歴