MENU

総合病院の日勤のみ、夜勤なしの看護師

総合,病院,日勤のみ,看護師,夜勤なし

総合病院など入院患者が居る病院では夜勤は絶体有りますね!

 

シフトで夜勤は週に何回か回ってきます。夜勤がある病院で夜勤なしで働く事は難しく、募集なども夜勤が出来ない場合採用されない事がほとんどです。

 

途中から結婚や出産などで夜勤なしにして頂ける事は有りますが、この場合でも職場環境などで働きにくくなる事も少なくなく、退職を余儀なくされることも有ります。

 

総合病院など大病院などでは日勤のみ、夜勤なしなども出来る場合もありますが、正看護師の場合ですと夜勤は必須と言えるでしょう!

 

夜勤なしで大病院、総合病院などで働く場合は、職場環境や人間関係が重要になる事も少なくなく日勤のみで働く場合はそのあたりがネックになる事が有ります。

 

病院で日勤のみの看護師求人を探す場合、上記の事が重要になります。しかし職場環境や人間関係などは働いてみないと解らない事も多く、病院勤務での日勤のみ看護師は敷居が高くなる傾向に有ります。

 

前もって職場環境や人間関係などが解ればありがたいのですが・・・・

 

看護師求人サイトの中には専任コンサルトさんやスタッフの方が紹介する職場のリサーチをされている所も多く、ある程度の職場環境がわかる場合があります。
その様な看護師求人サイトを利用すれば日勤のみ病院看護師求人探しも探しやすくなるのではないでしょうか?
看護師の離職理由で多いのが人間関係です。まずは働きやすい職場を探す事は重要です。

 

夜勤なし看護師情報、求人に強い看護師転職サイト


総合病院夜勤なし看護師【体験談】

 

総合病院で病棟勤務していました。施設から状態が悪くなった人も、整形外科などで手術目的で入院している人もいる混合病棟です。2交代制なので、夜勤は16時から翌朝9時まででした。夜勤の次の日は、休みをもらえていたので、私は夜勤も特につらくなかったです。

 

しかし、妊娠をきっかけに、夜勤をせず日勤専門になることを考えだしました。夜勤での一人での体位交換や、不穏患者さんへの対応時に他のメンバーへの負担をかけていると感じたのがきっかけです。

 

夜勤をせず、日勤のみになると2交代制なので、夜勤をするよりも連続勤務回数が増えました。休みが少なくなったように感じましたが、勤務中に楽になったこともありました。体位交換は日勤でもあるのですが、人が多いので担当する人数も少なくなりました。ただし、清潔ケアは日勤で行うので、完全に楽になっただけではないと感じました。しかし、一人で判断しなければいけない場面や、相談する人が少ない状況から、多くの相談する人がいる日勤は精神的にとても楽になりました。

 

業務事態は病棟勤務なので、予定入院や退院の担当がついていること、夜勤ではつかない新人教育を受け持つことが多くなったこと、病棟での看護業務以外の事務業務が加わったことが、日勤専門になり変化しました。

 

記録は主に日勤が行うので、日々の記録や、医師からの病状説明への同席の機会、備品の管理やその業者の対応、家族との関わりの時間が増えたのも日勤専門になってからだと思います。